02_国際

温室効果ガスの世界の平均濃度が観測史上最高に

地球温暖化の原因となる温室効果ガスの世界における平均濃度が2018年に観測史上で最も高い数値を更新したと発表されました。
WMOの発表によると、温室効果ガスの1つである二酸化炭素の平均濃度は2018年に統計を取り始めてから最も高い数値になったということです。

温室効果ガスの濃度が上昇し続けると、気温の上昇や水不足など気候の影響をうけることになるとしています。

【関連学習】キーワード解説
  • 世界気象機関(せかいきしょうきかん)
  • WMO(World Meteorological Organization)と略される。気象事業の国際的な標準化や、加盟国・地域間の気象情報・資料の効率的な交換の奨励を行なっている国連の機関。

 

2019年の時事問題一覧へ

2019年の時事用語集
時事用語を活用しよう

時事問題用語集では、2019年の時事問題に関するキーワードをまとめています。

目次は国内、国際、自然災害、スポーツ・文化、世界遺産などの時事問題のキーワードが並んでいますので、一つ一つ意味が説明できるか確認してみましょう。また、キーワードの解説にニュース記事がリンクしてあるものは、そちらの内容も確認してみましょう。